浜松市を拠点に静岡県西部にてWeb制作&各種デザイン制作を行っております。SOHOならではの身軽さと適正料金にてお客様の企業価値向上に取り組んでいます。Webサイト制作・管理、カタログ制作、広告デザイン、写真撮影等までお気軽にご相談下さい。




ご依頼/お問い合わせはSkypeでも!
(平日 9:00~18:00 | オンライン時のみ)

PHOTOHITOブログパーツ

---お買い物用---

2013年5月28日

wordpressの備忘録

Filed under: Web & Design,備忘録 — Cript @ 2:00 AM

備忘録。よっぱらいながら調べ物をしていたら絶対忘れそうなので記録。

・記事のカテゴリーを出す

<?php the_category(); ?>

・記事のタイトルを出す

<?php the_category(); ?>

・descriptionを出す

<?php bloginfo(‘description’); ?>

・category-slug.php
– 例えばカテゴリーのスラッグが “news” の場合は category-news.php
category-6.php 等カテゴリーID値で設置するより確実

参考:子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう
http://elearn.jp/wpman/column/c20111208_01.html

参考:WordPressで属しているカテゴリごとに異なるsingle.phpを使う
http://notizbloc.com/649/

これだけでも、むやみにテンプレート数を用意しなくてもカスタマイズ幅の広いテンプレートが作れそう。

5.28追記
・カスタム投稿でページ送りできない時の対処法

1.ダッシュボードで1ページに表示する最大投稿数を1にする。
2.ループのあるテンプレートファイルのループ開始直前に以下を挿入して指定

<?php query_posts($query_string.'&#038;posts_per_page=20');//1ページに表示する最大投稿数をダッシュボードではなくここで指定 ?>

3.2で作成したループのページ送りタグは通常の↓

<?php previous_posts_link('<< PRE PAGE'); ?>
<?php next_posts_link('NEXT PAGE -->&gt;'); ?>

4.それだとsingleページのページ送りが動かないのでsingleページのページ送りは

<?php previous_post_link('%link', '<< PRE PAGE'); ?>
<?php next_post_link('%link', 'NEXT PAGE &gt;'); ?>

5.29追記
画像のキャプション挿入時に左右+10pxずつ横幅の値が自動で挿入されてしまうのを回避
.wp-captionにwidth:auto !important;を指定

画像のフロートの解除
.storycontent に overflow: hidden;を
.storycontent:after で、
content: “”
display: block;
clear: both;
を指定しておく。

(もしくは、ちょっとしたチカラ技?
フロートした左右の画像はPタグをclearさせることで回り込み解除(.storycontent p: clear: both とか)
回り込ませる場合は続くテキストを[Sift]+[Enter]で改行で記述する)

記事から本文を抜粋する(0文字目から50文字を表示)

<?php echo mb_substr(get_the_excerpt(),0, 20);?>

WP Multibyte Patch プラグインを入れている場合、抜粋できるのは最大110文字まで

タイトルから文字指定数を抜粋する

<?php $title= mb_substr($post->post_title,0,15); echo $title; ?>

タイトルの文字数を15文字で制御したい場合

固定ページのインクルード

<?php
$pageID = '111'; //ページID
$pagedata = get_page($pageID);
$pagedata1 = $pagedata -> post_content;	//<p>タグが削除されてしまう(バグ?)なので以下改行コードをpに置き換え
	if ($pagedata1) {
    $pagedata2 = str_replace("\n", "<p>", $pagedata1);
	}
echo $pagedata2;
?>

SEO対策的な
定番プラグイン”oll in one SEO pack”とか有名だけど記事入力が手間だったりなので以下で代用。あらかじめソースに書いたキーワード+ページタイトルとか表示させるだけ。これで十分だろう。

<meta name="description" content="<?php bloginfo('name'); ?>、←サイトネーム取得。ほげほげほげ→そのページのタイトルを取得<?php wp_title(); ?>">
<meta name="keywords" content="ほげ,ほげ,そのページのタイトルを取得→,<?php wp_title(); ?>">

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment